TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ女性チーム参戦報告2017

Vitzや86レースで有名なネッツトヨタ群馬ジースパイスレーシングチーム様より、

今年もラリー参戦のお声をかけていただき、ハイブリッドの「AQUA」でスポット参戦をしてきました。

8月6日、第7戦はチームの地元群馬県渋川市での開催となりました。

昨年同様ドライバーは私、谷口、コ・ドライバーはRISAさん、

そしてメカニックには2年生の女子学生UJTさん、という女性チームでの参戦です!

UJTさんは昨年もメカニックとしてお手伝いに来てくれたのですが、今年は貫録が出てきたような?

とても心強かったです!!

メイン会場でもある渋川総合公園では、地元企業のブース出展や多くのイベントが開催されたり、

ヤリスWRCのレプリカ車両や多くのラリー車両が展示されたりと大変盛り上がったラリーとなりました。

10,000人以上の来場があったようです、凄いですね!

開会式では、本大会にも86のドライバーとして参加している、豊田章男社長のご挨拶がありました。

早朝のレッキ(事前試走)では霧がひどくウエットな路面状況でしたが、スタート時にはほぼドライとなり、

SS1から集中して全開走行をすることができました。

SS2では途中テールが流れ左のリヤタイヤが接触してしまう場面もありましたが、午前中はクラス1位で終了することができました。

午後の走行でも、何とかそのまま1位を保つことができ、お陰様で、初のクラス優勝を果たすことができました。

今回は1年ぶり、そして3回目の参戦となり、かなり緊張しましたが、地元群馬県での開催で優勝できたことは

チームにとって、とても意味のある大会になったと思います。

福島ラウンドでは満足のいく結果は残せませんでしたが、ラリーの奥深さや車両の扱い方を考えさせられる

良い経験ができました。

最後に改めまして、このような機会を頂きましたネッツトヨタ群馬様、

そして、ご協力いただきました皆様方には厚く御礼を申し上げます。

本当に有難うございました。

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ女性チーム参戦報告(昨年度の模様)

レースから学ぶ

【報告 谷口】