卒業生インタビュー

ホンダカーズ川崎中央元住吉店勤務
坂本 匠さん 2009年卒業
「安全」で「快適」なドライブを全力で向き合うホンダエンジニア

ホンダディーラーで主に自動車の点検作業をしています。
お客様に「安全」で「快適」なドライブをしていただけるよう、全力で自動車と向き合う日々です。
自動車には「動く」「走る」「曲がる」「止まる」という4つの基本動作があります。
どれも大事ですが、自動車の「安全」を考えたとき一番重要なのはやはり「止まる」。
ブレーキ周りのチェックは特に入念に行います。「快適」に乗っていただくためには車内をきれいにしてご返車することも大切。
清掃に関しては誰よりも気合をいれてやっている自負があります。

(株)ヤナセ勤務
峠田 早百合さん 2013年卒業
女性ならではの視点が生かせる仕事

元々看護師でしたが、クルマに関わる仕事がしたくて専門学校 読売自動車大学校に入学しました。
大好きなベンツの現場では、女性ならではの視点が生かせる仕事だと感じています。
お客様はもちろん、職場の先輩にも信頼されるようになりたいです。

コーンズ・モータース
榎本 哲也さん 2006年卒業
大卒で入学。憧れのマセラッティを整備する

自動車免許の取得をきっかけに車に興味を持ちました。大学では自動車部に所属し、卒業後、改めて専門学校 読売自動車大学校に入学し、整備について基礎から学びました。

現在は、フェラーリやマセラッティ、ロールス・ロイスなどの高級車を扱っている外資系商社に勤めています。
なかには日本に数台しかない希少車もあり、つねに緊張感をもって仕事をしています。

専門学校で自動車整備士を目指している人には、学校の授業を大切にしてほしいと思います。授業で教わる基本的なことがすべて頭に入っていないと、どんな車にも触れません。
いまになって、学校の授業がいかに重要だったかを実感しています。

東京トヨタ自動車(株)勤務
薄井 拓也さん 2014年卒業
自動車好きが集まる仕事

仕事ですので大変な事もあります。でも、自動車好きが集まる楽しい職場です。
専門学校 読売自動車大学校を卒業した友人や上司もいます。
自分にも後輩が出来たら、やさしくて頼れる先輩になりたいです。

(株)関東マツダ勤務
中澤 樹さん 2013年卒業
大好きなマツダで充実しています

学生時代からロードスターに乗っていたほどマツダが大好きで、この仕事に就けて幸せです。
好きなことを仕事にすると充実した人生が送れると思います。まずは行動してみてください。

ネッツトヨタ横浜(株)勤務
トンパンドン スパーワディーさん 2015年卒業
トヨタで12ヶ月点検を担当

留学生専門のスタッフがていねいに説明してくれ、安心して入学できました。
仕事では法定12ヶ月点検などを担当し、自動車の構造を授業で理解した事が役立っています。
職場の先輩方はとてもやさしく、常に勉強が必要なやりがいのある仕事です。

(株)ホンダカーズ東京勤務
陳 云鎮さん 2014年卒業
留学生の就職も毎年ほぼ100%

留学生特別奨学金制度があったのでアルバイトを減らし勉強に集中できました。
先生が積極的にサポートしてくれるので留学生も就職率はほぼ100%です。
在学中にたくさんの資格が取れるので、努力すれば必ず明るい未来が見えてきます。

SGモータース(株)勤務
孔 鵲さん 2015年卒業
体力的な不安よりも好きを大切に

就活では、女性ということで体力的に心配されましたが、自動車が好きという熱意を伝え、内定が出たときはとても嬉しかったです。
仕事では配達車の修理や車検をしています。
チカラのいる作業でも好きだから楽しく働いています。

軽自動車検査協会勤務
黒岩 知紀さん 2012年卒業
車検は社会の安全を支える仕事

専門学校 読売自動車大学校在学中にガソリンスタンドでインターンシップをし、そこで車検に携わり興味を持ちました。
車検はお客様と接する仕事なので、ビジネスマナーの授業で学んだことが役立っています。

東京海上日動火災保険(株)勤務
深野 純平さん 2014年卒業
先生に勧められ自動車保険の世界へ

先生に自動車保険会社を勧められ、自動車整備士にはたくさんの職場があることに気付きました。
保険金の査定をする仕事では、専門学校 読売自動車大学校で学んだ知識が生かされています。
クレーン車など特殊な車両にも携われ、やりがいがあります。

警視庁
西海 淳一さん 1997年卒
パトカー・白バイの整備で治安維持に貢献したい

子どもの頃から警察に憧れていて、そこで好きな車の整備ができるのは幸せです。

整備する車両は、もちろんパトロールカーや白バイです。
仕事内容で他と違うところは、警察特有の装備がある部分です。

それ以外は、車検整備も一般整備も、一般の車両と同じです。
警察車両は、治安維持のために24時間動きまわっています。

そのため、第一線の警察官がつねに安心して職務執行できるよう、細心の注意を払って点検整備を行っています。
同時に、迅速かつ的確に対応し、故障車両が一秒でも早く現場復帰できるよう、心がけています。
一方、自動車の技術は日進月歩なので、新しい車両も整備できるよう、情報収集を忘れず、スキルアップにも努めています。

これからも、自分が整備した車を介して、都民の方が安心して生活できるよう、貢献していきたいと思っています。

(株)ノーブレスト
(AC SANCTUARY) 畔栁 翔一さん 2009年卒
バイク好きだから専門学校 読売自動車大学校へ

バイク好きからチューニングショップに就職。
専門学校 読売自動車大学校でバイクを学べたので、入社当初から任される仕事が多く、好きだから一所懸命やって工場長に抜擢されました。

JAF(日本自動車連盟)
集合写真左から/遠藤さん、大村さん、蛭田浩由さん(1986年卒)
JAFのロードサービスは笑顔に出会える

大村:100人100色と言っても過言ではないくらい、この仕事は1件1件違う内容です。
だからこそ、やりがいがあって楽しいですね。

少しでも早くお客様が笑顔になるよう、ドアロックの解除など、日々、技術向上にも努め、要請があれば、お客様から教えを請うつもりで現場に向かっています。

遠藤:入社して1年足らずで、秋から一人で出動するようになりました。
当初は、とても緊張しました。

というのも、僕が勤めるエリアは特に、国産車よりも外車の依頼が多く、車に触れるだけでも気をつかいます。

まずは、笑顔で接客してお客様に安心してもらい、落ち着いて対応するようにしています。

(株)カインドテクノストラクチャー
前原 健二さん 2009年卒
チューニングでお客様を笑顔に

チューンズドカーのテクニカルアドバイザーです。
特殊な技術が必要ですが、専門学校 読売自動車大学校でていねいに教わった基本がチカラになっています。
自分の技術でお客様に喜んでもらえると嬉しいです。

(株)広芸インテック勤務
倉持 恵美子さん2000年卒業
出産後もテクニカルライターとして勤務

自動車の整備マニュアルを作成するテクニカルライターという仕事をしています。
担当しているのは、自動車に搭載されているコンピュータに関わる部分です。
女性が出産後も働き続けるのはまだまだ難しい世の中ですが、変わらず勤務できる職場です。
自動車整備士の知識を生かせる仕事はいろいろあることを知ってほしいです。

オートピア(オートバックス)
吉田 泰祐さん 2013年卒業
新聞奨学生からオートバックスのピットマンへ

専門学校 読売自動車大学校で学んだ基礎が専門的作業に役立っています。
新聞奨学生制度を使って卒業したことが自信につながり、社会に出て生かされています。

いすゞ自動車(株)勤務
津田 貴史さん 2007年卒業
大型エンジン開発の技術者に

僕はいすゞ自動車で、エンジンの開発部門のメカニックの仕事をしています。
ミスの許されない仕事の連続で、緊張感をともないます。
でも、色々な段階を経てエンジンを作るのは本当に面白く、やり甲斐があります。

AUTO SPORTS・編集長
有富 誠一郎さん 1985年卒業
モータースポーツの魅力を伝える

編集方針や台割とよばれるページ構成を決めることと、各編集部員との仕事内容の相談やチェックが主な仕事です。
ドライバーやエンジニアがどういう考えを持っているのか、ということに触れられ、読者とコミュニケーションできるのがこの仕事の面白さです。

このページをシェアする

オープンキャンパス

見学や相談はもちろん、TOYOTA 86で体験もできます。
気軽にご参加ください

TOYOTA 86でオープンキャンパス

オフィシャルSNS