学費・奨学金

学生納付金

自動車整備学科、1級整備学科(1年次)
1年次
手続時
(納付時期)
前期
(3月下旬)
後期
(9月下旬)
入学金180,000円  
授業料 230,000円230,000円
施設維持費140,000円 140,000円
実習費130,000円 130,000円
合計450,000円230,000円500,000円
1,180,000円
自動車整備学科、1級整備学科(2年次)
2年次
前期
(3月下旬)
後期
(9月下旬)
入学金  
授業料230,000円230,000円
施設維持費140,000円140,000円
実習費130,000円130,000円
合計500,000円500,000円
1,000,000円
1・2年次計 2,180,000円
1級整備学科(3年次)
3年次
前期
(3月下旬)
後期
(9月下旬)
授業料 230,000円 230,000円
施設維持費 140,000円 140,000円
実習費140,000円140,000円
合計510,000円510,000円
1,020,000円
1級整備学科(4年次)
4年次
前期
(3月下旬)
後期
(9月下旬)
授業料 230,000円 230,000円
施設維持費 140,000円 140,000円
実習費140,000円140,000円
合計510,000円510,000円
1,020,000円
3・4年次計 2,040,000円

その他の経費と注意事項

 金額内訳
手続時約34,000円新入生オリエンテーション・健康診断・教育サポート費・校友会費・学生グループ保険
3月下旬約92,000円教科書・実習服・資格講習料
2年進級次
(3月下旬)
約56,000円教科書・資格講習料・卒業アルバム・教育サポート費・健康診断・学生グループ保険
3年進級次
(3月下旬)
約117,000円教科書・工具代・資格講習料・教育サポート費・健康診断・学生グループ保険
4年進級次
(3月下旬)
約60,000円教科書・資格講習料・教育サポート費・健康診断・学生グループ保険・卒業アルバム

学生納付金の分納について

延納・分納制度があります。事務局担当までご相談ください。TEL:03-3685-6761(代)

学生納付金の返還について

平成18年12月28日付文部科学省通達により、下記のように処理いたします。
※本校の設ける推薦入学・AO入学試験制度にて入学手続を完了後、入学を辞退した場合、原則として既納の学生納付金の返金には一切応じません。
※一般入学制度にて入学手続を完了後、入学を辞退した場合、入学金以外の納付金については、平成29年3月31日までに入学辞退の意思を明確に 示した者についてのみ返還に応じます。返還については全ての手続が完了した後になります。
平成29年4月1日以降での返還請求には応じられません。

特待生・奨学金・その他の制度

新入生対象の制度

読売理工学院学費支援制度

この制度は読売理工学院への入学を希望してる若者が、家庭の経済的な理由等で、学費の納入に不安を感じ、入学をためらったり、断念するような事態を少しでも救済するため、入学時の納付金の一部を軽減しようという制度です。

対象者 勉学意欲があり、様々な事情で学費の納入に不安があり、入学時に必要な納付金の一部軽減を求める者で、オープンキャンパス等に於いて当校の担当者が適確であると判断した方
支給金額 支援金額は保護者の収入や、他の奨学金の借り入れ計画などの事情を考慮し、入学に必要な金額から10万円程度を減額という形で支給します
支給人数 読売理工学院の2校で約20名
受付申込 出願書類と一緒に申込書提出
選考方法 原則として保護者の面接で審査します(年収を証明する書類を持参)
返済義務 出席が良好で2年次に進級した場合は返済を免除します
申込み 事務局、入学相談室(0120-37-2959)までお問い合わせください。

入学紹介制度

卒業生・在校生の紹介で新入生が入学した場合に、 紹介者(卒業生又は在校生)へ記念品を贈呈する制度です。
この制度を利用する場合は、出願時に願書裏面の入学紹介制度の欄へ紹介者を記入してください。
事後は取り扱いできなくなります。
在校生(紹介者)は入学者が出願手続をする前に事務局までご相談ください。

留学生特別奨学金制度

私費留学生に対しての奨学金制度があります。
※詳細はお問い合わせください。

読売育英奨学制度

読売新聞の朝夕刊の配達、集金、チラシの折込み等の業務に就きながら、学業との両立を支援する制度です。
この制度を利用すると卒業までの学費の心配がなく、生活費としてYC(新聞販売店)からは 給与・賞与が支給され、住まい(個室)、光熱費基本料金も無料で用意されます。
この制度を利用して入学する場合は、読売育英奨学会推薦入学が適用されます。
読売育英奨学生制度は「Aコース」と「Bコース」が選択できます。

読売育英奨学生制度

在校生対象の制度

1級整備学科特待生制度

国土交通省は、自動車の目覚ましい技術革新に対応するため、より高度な知識、技能、コミュニケーション能力を身につけた一級自動車整備士の育成に力を入れています。 専門学校 読売自動車大学校はこの趣旨に賛同し、経済的な支援を行なう特待生制度を設けます。一級自動車整備士資格の取得を目指す成績優秀な学生を対象とした制度です。

対象者 以下のすべてを満たす者
1.成績優秀で勉学態度が他の範となる者
2.経済的な理由により1級整備学科への進学・編入に支障をきたすおそれのある者
3.本校1級整備学科および自動車整備学科の在校生
支給人数 8名以内
支給金額 3年次の学生納付金のうち授業料全額を免除
選考方法 書類選考及び面接
資格の損失 以下の場合には特待生資格を喪失し減免額を速やかに一括納品する義務を負う
ア)学業成績が著しく低下した場合
イ)病気・事故以外の理由で休学・退学した場合
ウ)応募書類および提出書類の記載内容に虚偽があった場合
エ)その他特待生として不適当と認められた場合

小林與三次記念育英奨学金制度

元読売新聞社名誉会長で、本学院の創立者である故小林與三次氏の遺徳を偲び、 平成12年に創設された奨学金制度です。
この制度は読売理工学院の2校に在籍する学生で経済的に困窮する学生を対象とし、 学業優秀で向上心に燃え、かつ習得した専門知識をもとに将来、 社会に貢献しようという意欲のある学生に対し、必要な修学資金の一部を支給する制度です。

対象者 経済的な事情で修学を諦めなければならない状況にある、勉学意欲があり学業の優秀な本校の在校生
支給額 及び 定員 35万円:2名
20万円:5名
10万円:20名
申請期間 毎年5~6月頃、学内掲示板にてお知らせ致します。
選考方法 書類選考及び面接
返済義務 なし

過去実績

校友会特待生制度

卒業生の同窓会組織である校友会より奨学金が支給される制度です。

対象者 在校生で学力、人物、出席等が良好な者
支給金額 10万円
支給人数 若干名
選考方法 学校長からの推薦により校友会が選考

海外研修派遣制度

本制度は本校在校生を対象に、オーストラリアなど海外での短期語学研修に若干名を選抜し派遣するものです。
向上心をさらに高めることを目的に学業の一環として実施します。

選抜者 若干名
対象者 本校在校生のうち、成績、出席状況及び授業態度がきわめて良好な者
実施内容 語学短期留学10日程度(旅費・滞在費・研修費は学校負担)
研修先 オーストラリアなどの語学学校

※選抜者以外の方でも、短期語学研修に参加できます。(応募制、経費等自己負担)

独自の運転免許取得システム

自動車業界へ就職するためには、自動車運転免許(普通車MT)が必要です。

専門学校 読売自動車大学校では、好条件で運転免許が取れる独自のシステムを導入しています。
江戸川自動車教習所と提携により実現しています。

自動車整備士の専門学校では、免許持っていない方には学費の他にかかる忘れがちな費用です。
入学生の負担を減らすために、このようなサポートシステムを取り入れている珍しい学校です。

二輪車等の運転免許も取得できます。

この運転免許取得システムは入学手続きが完了した時点で高校在学中でも利用できます。
お気軽にお問い合わせください。

特典
独自の特別料金
卒業まで追加料金無し(追加技能教習料・技能検定料が無料)
送迎バス運行(専門学校 読売自動車大学校前から)

公的奨学金制度・信販会社の教育ローン

日本学生支援機構(貸与)

日本学生支援機構は、経済的理由により修学が困難な優れた学生に対して、奨学金の貸与を行なう機関です。
この奨学金については卒業後、返還義務があります。
第一種奨学金は無利子。第二種奨学金は有利子です。

募集期間 毎年4月末~5月頃
募集方法 一切の手続きは学校を通じて行ないます。
(学校内に掲示をするので注意のこと)
※高等学校在学生は高等学校から予約することも可能
貸与期間 卒業予定期まで
第一種奨学金
(無利子)
(自宅)30,000円/53,000円
(自宅外)30,000円/60,000円
第二種奨学金
(有利子)
月額(選択)30,000円/50,000円/80,000円/100,000円/120,000円

東京都育英資金貸付制度(貸与)

都内に居住する方(6ヶ月前から引き続き都内に住所を有する方の子弟)で、専修学校に在学し、成績良好、心身健全にして、経済的理由により修学困難な方に対して修学に必要な学資金を貸し付け、有用な人材を育成するために、この制度を設けている。

募集時期 毎年5月上旬~下旬頃
事務処理は学校を通じて行なう。
(掲示をするので注意のこと)
貸与月額 53,000円
申請者の資格 都内に在住のこと、同種の学資金を他から借り受けてない、成績良好で経済的に修学が困難である方
貸与終了後は年賦(年1回払い)、または半年賦(年2回払い)のどちらで返済(無利子)
問い合わせ先 公益財団法人 東京都私学財団
TEL:03-5206-7929
※母子・父子家庭の親で20歳未満のお子さんを扶養している方には「母子・父子福祉資金(修学資金)」制度があります。
詳しくは居住地の福祉事務所、支所または東京都福祉局子ども家庭部育成課(TEL:03-5320-4126)へお問い合わせください。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

本校への入学者および在学者は「国の教育ローン」を利用することができます。
この制度は、教育のために必要な資金を融資する公的なもので入学金、授業料、下宿費用および教科書代などに幅広く利用できます。

対象 入学者および在学者の保護者
(本人が利用できる場合もある)
融資額 学生1人につき350万円以内
返済期間 15年以内(元金据置期間を含む)
交通遺児家庭または母子家庭は3年の延長が可能です
元金据置期間 在学期間以内
資金使途 1)入学に必要な資金
入学時の納付金、受験のための諸費用、下宿費用など
2)在学中に必要な費用
授業料など学生納付金、交通費、下宿費用など
返済方法 毎月元利均等返済(ボーナス月増額返済も可能)
保証 (財)教育資金融資保証基金または保証人1名
問い合わせ先 日本政策金融公庫 教育ローンコールセンター
TEL:0570-00-8656

信販会社の教育ローン(学費クレジット)

本校への入学者及び在学者は「学費クレジット」利用することができます。

対象 1)新入生または在校生、及びその親権者の方
2)20歳以上で安定した収入のある方
(学生の方がお申し込みの場合、原則、連帯保証人が必要となります)
資金使途 入学金、授業料、施設維持費、実習費、諸経費
融資額 5万円~500万円(ただし、学校等へ納付する費用を上限といたします)
返済期間 最長10年(120回)まで(据置期間を含む)
返済方法 以下の方法からご選択いただけます
(ア)元利均等分割払
(毎月元本と手数料をお支払いただきます)
(イ)据置型分割払
(在学中は手数料のみのお支払。卒業後は元本と手数料を加えた元利均等分割払)
問い合わせ先 株式会社セディナ
フリーダイヤル:0120-686-909

(外部サイトのセディナ学費ローン申込受付ページが開きます)
募集要項,推薦入学,入学試験

募集要項

入学制度などのご案内。

募集要項

読売育英奨学生制度,新聞配達,新聞奨学生

読売育英奨学会制度

読売新聞店で、配達業務をしながら進学でき、 学業と両立して卒業できる制度です。

読売育英奨学会制度

就職,自動車整備士,ディーラー,自動車整備工場,バイク

就職

履歴書の書き方から人事担当を招いた合同企業説明会まで、一人ひとりが納得のいくまでサポートをします。

就職

オープンキャンパス,体験入学,学校見学会,平日見学,保護者説明会

保護者説明会

保護者の皆さまに、よくご理解いただくための説明会です

保護者説明会

このページをシェアする

オープンキャンパス

見学や相談はもちろん、TOYOTA 86で体験もできます。
気軽にご参加ください

TOYOTA 86でオープンキャンパス

オフィシャルSNS