留学生オープン
キャンパス
オープンキャンパス
資料請求
WEB AOエントリー

女性の自動車整備士っているの? 公開日:2018年09月21日
更新日:2022年12月5日

自動車整備士は、車の修理や車検業務などを行う整備のプロです。この国家資格は、男性に限らず女性でも取得する価値があるのです。整備工場の現場は機械化やデジタル化が進んでいるだけに、性別問わず多くの方に活躍の場が与えられています。

目次

まとめ

女性の自動車整備士っているの?

全体の比率でいえば、女性の自動車整備士はまだ少ないといえます。しかし、女性ならではのスキルを生かせば十分に活躍できるチャンスがある世界です。

自動車整備士は女性でも活躍できる?

自動車整備士は、男性でなければ務まらない職業ではありません。実際に、整備工場などで勤務する女性は存在します。自動車整備というと“ガテン系”というイメージがあり、筋力や体力で劣る女性は不利なように思われがちです。しかし、昨今はデジタル化や機械設備の導入が進み、力に頼らなくても業務をこなせるのです。
力仕事というファクターが重要視されなくなった結果、女性にも活躍するチャンスが広がった職業といえます。むしろ、女性ならではの視点や特性を生かせる場面もあるだけに、自動車整備士は女性でも取得する価値がある資格です。

自動車整備士として活躍する女性の割合は?

一般社団法人「日本自動車整備振興会連合会」の調査(平成27年度)によると、自動車整備工場で働く女性の割合は全体の4.6%だそうです。そのうち、自動車整備士を取得して働く女性は3.3%です。現状では、女性整備士の数はまだまだ少ないといえます。
しかし、先述のように昨今の整備工場は、必ずしも男性整備士が有利といえる職場ではありません。女性の社会進出は進んでおり、事実、女性の有資格者はわずかながらも増えているのです。

女性で活躍するポイントは?

自動車整備の現場は、大型機械を扱うだけに安全管理も求められます。一般的に女性は男性と比べ、丁寧で気配り上手なところがあるといわれます。また、検査における小型自動車のパーツ分解やエンジン検査などは、細心の注意が望まれる作業。ひとつ一つ丁寧に作業を進める姿勢が重要視されるため、女性ならではの特性は武器となるはずです。
自動車整備士は経験を積んでいくと、クライアントから直接要望などを伝えられる機会を持つようになります。そこでは、接客スキルやコミュニケーション能力が重視されるでしょう。接客業や販売業の経験を持つ女性は、それまで培ってきた実務スキルが自動車整備の世界でも生かされるのではないでしょうか。

まとめ

電気タイプのスポーツカーには、ガソリンタイプにないさまざまなメリットがあります。エコでありながら、走り心地を楽しめる車として、今後普及することも予想されます。

本校は読売新聞グループの安心と創立50年の実績があり、これまで多くの卒業生を輩出し自動車関連業界はもとより、多くの職種で活躍しています。
東京都で自動車整備士を目指すなら専門学校 読売自動車大学校にお任せください。

読売自動車大学校 学校案内

オフィシャルSNS