2016もてぎKART耐久フェスティバル”K-TAI”参戦ブログPart3(レース編)

9時30分、1年間待ち続けたその時がやってきました。

2016 もてぎKART耐久フェスティバル”K-TAI”7時間耐久レースのスタートです。

参加数125台。

もの凄い台数のカートの中、ポールポジションでのローリングスタートです。

本校は今年で8回目の出場。常に上へ上へと目指してきました。

239a0995239a1034

スタート後、高ぶる気持ちを抑えつけるかのように、イエローフラッグが振られ、セーフティーカーが2回も入る荒れた展開に。

239a1177

そんな中でも、本校のドライバーは堅実な走りをしてくれました。

239a2142239a1618239a1887

またレースをサポートしたメンバーも給油、整備、サインボード表示など完璧な作業をしてくれました。

7x7a27327x7a27597x7a27477x7a2691

レース中にはピットレポート取材も。

7x7a2631

レース終盤。

現在の順位と直前の車両をドライバーに指示し、目標をはっきりさせます。

サインボードのPはポジション、その横の数字が、直前の車両の番号です。

耐久レースですから、前を走るカートが同じ周回数とは限らず、抜いても順位が上がるとは限りません。

つまり、周回数2位、前を走るのは88番だよ!というサインボードです。

239a2539

レース開始後、色々ありました。長い長い、それでいてあっという間の7時間もの時間が過ぎ……

チェッカフラッグが振られ、レースは終了となりました。

239a2566239a2672

お疲れさま!最高の瞬間です。

表彰式編へ続きます。

顧問 渡辺

2016もてぎKART耐久フェスティバル”K-TAI”参戦ブログPart4(表彰式編)

2016もてぎKART耐久フェスティバル”K-TAI”参戦ブログPart3(レース編)

2016もてぎKART耐久フェスティバル”K-TAI”参戦ブログPart2(レース直前編)

2016もてぎKART耐久フェスティバル”K-TAI”参戦ブログPart1(レース前日編)

2016もてぎKART耐久フェスティバル“K-TAI”参戦結果速報

レースから学ぶ|専門学校 読売自動車大学校

クラブ活動|専門学校 読売自動車大学校