企業による実習授業(関東三菱自動車販売・アウトランダーPHEV実習)

2018/9/7(金)企業による実習授業が行われました。

今回、授業をご担当頂いたのは、「関東三菱自動車販売」様です。

対象は一級整備学科の3年生で三菱のアウトランダーを使用してのPHEV(プラグイン・ハイブリッド)の実習を行って頂きました。

 

今回の授業では、アウトランダーPHEVについての構造や機能について教えて頂きました。

走行モード(EV・シリーズ・パラレル)についてや、ツインモータ4WD、給電機能について解説をして頂きました。

 

車両各部の構造確認をおこないました。(ラゲッジルーム)

ここにハイブリッドの制御装置(インバータ、コンバータ、モータコントローラ)が搭載されています。

 

車両各部の構造確認をおこないました。(車両後部下回り)

車両中心部分には200kgのリチウムイオンバッテリーが搭載されています。

後ろはモーターのみで駆動するタイプの4WDなので、プロペラシャフトはありません。

また、エンジンはほぼ発電機として働きますので、この車両にしては非常に簡素なマフラーがついています。

 

車両各部の構造確認をおこないました。(車両前部下回り)

エンジンでジェネレータ(発電機)を回し、バッテリーの充電やモーターの駆動を行います。

アウトランダーPHEVはハイブリッドの中でもEV(電気自動車)にかなり近い構造ですのでほとんどエンジンでは走行しません。

一級整備学科では、企業による実習授業を多く実施しており、企業情報を肌で感じる機会が多くあります。

 

一級整備学科

 

【報告 鈴木】