1級整備学科3年生 板金塗装実習

1級課程の3年生の板金塗装実習が始まりました。

はじめはパネルで練習をします。

最初はソリッド塗装。

このホワイトは、レクサスLFAのホワイトです。この他にもR35GT-Rのブリリアントホワイトパールなども塗装してみました。

パネルの次はフェンダーです。

3コートパールの塗装です。これは2コート目が終わった状態です。

クリアを塗装して終了です。

この実習の期間に今年のEVフェスティバルに参加するRX-8 2号機のオールペンも実施しました。

色はレクサスRC-Fのラヴァオレンジクリスタルシャインです。車両の元色がブラックのため、一度ホワイトに塗装してからのベースカラーの塗装になるので4コートで仕上げます。

EV RX-8の塗装は完成です。これから元のEV RX-8 1号機からモーター、バッテリーを移植します。

また、JOY耐車両の補修も行いました。ルーフのみの塗装です。

 

実習車のBMWのバンパーも塗装、交換しスポーティーに変身しました。

 

学生自身の車両の板金塗装も同時に行われています。凹んでいる所にワッシャーを溶接しスライディングハンマーで引き出します。

ある程度引き出した後、パテで表面を仕上げていきます。パテを硬化させるために赤外線で温めています。

最後に塗装をして完成です。

読売自動車大学校の1級課程では、本格的な板金塗装が学べます。
学科紹介 1級整備学科