2020年JOY耐ブログ【2020もてぎEnjoyミニ耐久レース“ミニJoy耐”参戦報告】

2020年JOY耐ブログ【2020もてぎEnjoyミニ耐久レース“ミニJoy耐”参戦報告】

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、6月27日28日開催予定のJOY耐7時間耐久レースが中止となってしまい、今年は11月29日開催のミニJOY耐に参加することになりました。

ミニJOY 耐は、2時間(120分)の短いレースで、耐久レースというよりはスプリントレースに近い感じになります。
昨年まで参加していた7時間のレースとは走行時間が全く異なるため、新たな戦略を考えなくてはなりませんでした。
又、車両は今まで同様のスターレットですが、今年はクラス変更(クラス3)での参加となりVitzやロードスターが対戦相手となります。
昨年はクラス2で2度目の優勝を果たすことができたため、今度は総合上位を目指すべく改造範囲の広いクラスへの変更を決めました。

そして、スーパーメカニックは1級整備学科4年生、AOK君、ISI君、OOG君、の3人が担当しました。
エンジンの製作も試行錯誤しながら、AOK君とOOG君が頑張ってくれました。
レース車両のエンジン製作に緊張しながらも、速いエンジンになるように点検や調整を行いしっかりと組み上げていきました。

前日土曜日の占有練習会では調子もよく、明日本番へ向けての準備も整いました。

そして迎えたレース当日。
スタートドライバーは私、谷口が担当。予選クラス3番手、総合18番手からのスタートとなりました。

決勝のローリングスタート直後には、クラス2位へポジションアップをしていました。
後続車両を引き離し、40分を経過する頃まではクラス2位をキープ。

車両も調子良く、このままゴールを迎えるのではと思われましたが、トラブルが発生。
プラス10分ほどの停車を余儀なくされました。
120分という短い耐久レースでは、停車10分を挽回することができず、
クラス5位、総合29位で完走、という結果でゴールを迎えました。

胸を張れるような結果を残すことができませんでしたが、クラス変更後の初レースとしては大変勉強になったレースになりました。チーム力を上げて来年こそは、という思いでいっぱいです。

応援を頂きました皆様には心より感謝を申し上げます。

最後になりましたが、今年も多大なるご支援ご協力を頂きました
俊幸モータース様、山本様、トップシークレット様、ガレージミラルダ様、プロジェクトミュー様、モティーズオイル様、池田不動産様 (順不同)
本当にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。
(報告 谷口)

▽昨年度の活動記録はこちら▽
2019JOY耐参戦報告
▽読売自動車大学校をもっと詳しく▽
読売自動車大学校公式ホームぺージ